2012年12月28日

イメージクラシック「雪」その6

ハイドン 交響曲第26番二短調『ラメンタチオーネ』より第2楽章

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ
(三好達治『雪』)

 窓辺から見ると外は銀世界。音もなくひらひらと夜空から雪が降ってきて、どこの家も白い帽子をかぶって、同じような家に見えます。清められた白い帽子の下には、温かい家庭が等しく存在するように思えてきます。

 ハイドン交響曲第26番『ラメンタチオーネ』の第2楽章は、グレゴリオ聖歌が用いられていて、本当に心が温かく清められる音楽です。ハイドンの巧みなオーケストレーションが、原曲以上に聖夜のような雰囲気を作っていると思います。ハイドンの交響曲の中では、地味な存在ですが、僕はこの小曲が大変気に入っています。

201201242322248be.jpg



タグ:ハイドン
posted by やっちゃばの士 at 22:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

イメージクラシック「夜」その11

ブラームス クラリネットソナタ第1番へ短調より第1楽章

初冬の寂しい夕べ
薄暗い灯りのともった部屋だけれども
どこか暖かい

 ブラームスクラリネットソナタ第1番の第1楽章。寂しくもどこかほっとするようなその音楽は、日が暮れてその日の疲れを引きずりながらも、仕事から解放されてほっと一息つくときに、聴きたくなる音楽です。ブラームスの最晩年に書かれただけあって、寂しさがにじみ出ていますが、どことなく暖かさが感じられる不思議な味わいがあります。

 マーラーの屋根裏部屋で親しい音楽仲間がこの曲を演奏するのを聴いて魅了され、「どんな作品もそうだけれど、それを正しい雰囲気で聴かないと、あらゆる効果は失われてしまう。」と語ったそうです。(『グスタフ・マーラーの思い出』ナターリエ・バウアー=レヒナー著より)

DSCF2049.JPG





タグ:ブラームス
posted by やっちゃばの士 at 21:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

イメージクラシック「冬」その9

ハイドン オラトリオ『四季』より冬

いま色あせた年が沈み
冷たい霧が降りる。
灰色の霧が山を包み
ついに平野も霧に閉ざされる。
昼だというのに、太陽は
どんよりとした光しかさしかけない。

 ハイドンオラトリオ『四季』の冬の冒頭に歌われる一節です。この短い一節の前に、短い序奏が入りますが、この序奏は初冬の霧の様子を見事に表現している印象深い音楽で、ロマン派の音楽を先取りしていると言われています。

 霧の濃さとともに、冬の寂しさと冷たさが伝わってきますが、僕は次のような短歌の情景を、この音楽から連想します。

村雨の露もまだひぬ真木の葉に霧立ち上る秋の夕暮れ(寂蓮法師)

自然と日本の四季の風景をイメージしてしまうようです。

タグ:ハイドン
posted by やっちゃばの士 at 21:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

イメージクラシック「晩秋」その3

マーラー 交響曲『大地の歌』より第2楽章「秋の寂しさ」

秋の霧が青らみ湖面を渡り、
霜がすべての草草を白く包み
あたかも匠(たくみ)の手が玉光のこまやかな粉を
美しく咲き誇る花の上に
まき散らしたかのようだ。

<中略>

私は一人孤独のうちに涙ぐみ、
心の奥にひそむこの秋は
果てしなく広がりわたる太陽よ!

 マーラー交響曲『大地の歌』の第2楽章「秋の寂しさ」は、冬が間近に迫った晩秋の夕べに、ほっと一息つきながら聴きたくなる音楽です。寂しさに満ちているけれども、どこかほっとさせてくれる音楽です。弦楽器の弱音は晩秋に吹く冷たい風を、寂しいオーボエは秋の野辺に佇む孤独な心を表しているように思います。

 この晩秋の寂しさは、最終楽章「告別」になると、より深刻に、まるで「死」を予感させるような重い響きになって再び登場します。ペシミズムに満ちたこの曲も、第9交響曲と同様、晩秋の季節にしか僕は聴きません。





タグ:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晩秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イメージクラシック「晩秋」その2

マーラー 交響曲第9番ニ長調より第1楽章

甘みも苦味もすべて味わい尽くし
今はただ静寂だけが横たわる

 マーラー最後の完成された交響曲である交響曲第9番の第1楽章が持つ渋柿と甘柿合わせたような味を持つ樂想は、晩秋の枯れた情緒を醸し出しています。この枯れた情緒は、それまでのマーラーの交響曲にはなかったもので、僕はマーラーの交響曲の中で、この第9番だけは特別な位置にあるように思います。マーラーの作品では、悲劇的な重々しい音楽がしばしば登場しますが、それらはどれもが甘い耽美的な響きを持っていました。ただ、この第9番の第1楽章の悲劇には耽美的な響きがなく、とても残酷でシリアスな響きがあるように感じます。

 聴いていると苦しくなってくるこの曲を僕が聴こうと思うのが、晩秋の季節です。曲は展開部で、残酷な葛藤の頂点を迎えますが、やがて力尽きたかのように、静寂な響きに包まれていき、曲を終えます。この最後の静寂な部分が僕は好きで、その枯れた孤独な響きは、晩秋の静けさに共鳴しているように感じます。



タグ:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晩秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。