2013年01月31日

イメージクラシック「壮大・壮麗」その2

ハイドン 交響曲第82番ハ長調『熊』より第1楽章

大都会パリとの出会いが生んだ堂堂とした交響曲

 18世紀のパリはヨーロッパ随一の音楽が盛んな大都会で、特にパリのオーケストラは最も規模が大きく発展していました。そんなパリの豪華なオーケストラに出会って、豪華な交響曲を作曲したのが、同時代に生きたハイドンモーツァルトでした。パリとの出会いは、両者の作品にそれまでにはなかったスケールを与えることになりました。1778年モーツァルトは交響曲第31番ニ長調『パリ』を、ハイドンは遅れること8年後の1786年に『熊』のニックネームを持つ交響曲第82番ハ長調を作曲しました。

 ハイドンは30歳の手前から約30年間、ハンガリーのエステルハージ家に音楽家として仕え、エステルハージ家以外のために曲を作曲することは禁じられていましたが、その名声は次第に高まり、外国から作曲の依頼を受けるようになります。モーツァルトが20歳前半でパリの音楽と接するのとは対照的に、ハイドンがパリの音楽と接したのは50歳を過ぎてからでした。そのせいか、モーツァルトのパリ交響曲は豪華さととともに若さを感じさせるのに対して、ハイドンのパリ交響曲はゴージャスさとともに、がっしりとした風格を感じさせるのが特徴的です。この2曲の間に直接的な関連性があるかどうかは知る由もありませんが、僕はハイドンのこの曲を聴く時、ハイドンはモーツァルトのパリ交響曲を意識していたのではないかと思うことが良くあります。

 堂堂としたこの交響曲の第1楽章の中でも、特に第1主題提示部と展開部は何度聴いても気持ちいい爽快感があります。また、熊のうなり声を連想させる音で始まる第4楽章も大変迫力があります。この曲の持つ堂堂とした安定感は、例えて言うならば「重心の低い音楽」とでも呼ぶべきで、よくスポーツで基本は足腰の強さという言葉を聞きますが、まさに何曲も曲を量産してきた巨匠のなせるべき業だと思います。

 
タグ:ハイドン
posted by やっちゃばの士 at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 壮大・壮麗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

キーワードクラシック「ドラッカー」その1

ハイドン 交響曲第88番ト長調『V字』より第1楽章

 オーケストラでは、一つの楽器が一つのパートだけを受け持った。指揮者が多様な楽器の音を一つの音楽に仕立てた。その結果、それまで超えようのない限界されていたものが突然なくなった。ハイドンの小さなオーケストラが、いかなるオルガンの巨匠をも超えるものを表現した。(ドラッカー『断絶の時代』より)

ドラッカーの著作を読んでいると、しばしばクラシック音楽家のことが取り上げられていることに気が付きます。ドラッカーはオーストリアに生まれ、自身ピアノのレッスンを子供のころから受けていたこともあり、クラシック音楽に関してはかなり造詣が深かったようです。そして、ドラッカーの著作の中で最も多く取り上げられている作曲家がオーストリアの作曲家ハイドンです。ハイドンは「交響曲の父」、「弦楽四重奏曲の父」とも呼ばれ、それまでのバロック音楽とは異なる古典派音楽を確立した作曲家として有名です。バロック音楽の作曲家としてはバッハが有名ですが、バッハの時代はオルガン音楽が流行り、バッハもオルガンの名手として活躍しました。この両者の音楽作りの違いをざっくり上げると、

オルガン音楽 1人が一つの楽器で何種類もの複数の旋律を演奏し、その名人芸を楽しむ
交響曲、弦楽四重奏曲 1人1人が一つの楽器で各々1種類の旋律を演奏し、多彩なハーモニーを生み出す

 ハイドンは、それまでの1人に超人的なテクニックを要求する音楽から、一人ひとりが平凡な音楽を受け持ちながら、集まって多彩なハーモニーを生み出す音楽を確立しました。このハイドンの音楽作りは、まさにドラッカーのマネジメントイノベーションなどの経営理論に通じるものがります。

マネジメント  平凡な1人1人を組織することによって大きな成果を出す
イノベーション ひらめきではなく科学的な方法によって生まれる

 ドラッカーの理論は凡人がどのようにして強みを発揮して成果を出すかというところに焦点があります。ハイドンの音楽作りは、まさにドラッカーの方法論と一致しました。また、ハイドンは実験的な試みをその作品の中で意識的に行っており、こういった姿勢はまさに経営プロセスの仮説と検証の繰り返しを見るかのようです。

 さて、ハイドンの数多くの優れた作品の中で、上記のようなハイドンの特徴が最もよく表れた傑作が、交響曲第88番『V字』の第1楽章です。単純平凡な主題が、これでもかというほどに姿を変えながら繰り返し登場してきます。この音楽的推進力は目を見張るものがあり、後にベートーヴェンがハイドンの音楽作りを受け継ぐことになります。

Haydn_portrait_by_Thomas_Hardy_(small).jpg
ハイドン

タグ:ハイドン
posted by やっちゃばの士 at 11:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

イメージクラシック「朝」その11

ショスタコーヴィチ 交響曲第11番ト短調『1905年』より第1楽章「宮廷前広場」

凍りつくような冬の朝の静けさと緊張感

 厳しい寒さが続きます。特に朝の大都市のビルの谷間では、肌を刺すようなピリピリとした空気が鋼鉄のような厳しさで、肌の温もりを奪おうとしていきます。このように非常な自然の中にあっても、体内の血液は決して凍ることはなく、人間の生命力の強さを実感します。

 真冬の朝の厳しさと血の温もり、この言葉から僕はショスタコーヴィチ交響曲第11番『1905年』の第1楽章「宮廷前広場」の音楽を連想します。この音楽は、帝政ロシア時代末期に起きた「血の日曜日事件」をテーマにしたもので、ロシア軍の発砲によってデモに集まった労働者たちが血に染まる前の静かな朝の宮廷前広場の様子が描写されています。弱音器をつけた弦楽器が事件が起きる前の不気味な静けさを、遠くから聞こえるトランペットがデモに集まってくる労働者たちの様子を表しているようです。

393px-Dmitri1.jpg
ショスタコーヴィチ





posted by やっちゃばの士 at 10:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

イメージクラシック「鳥のさえずり」その2

ハイドン 弦楽四重奏曲第39番ハ長調『鳥』より第1楽章

 ハイドンの作品の中には、「鳥」に関係するニックネームがついた曲がいくつか存在します。交響曲第83番『めんどり』、弦楽四重奏曲第67番『ひばり』、そして弦楽四重奏曲第39番『鳥』です。この中で最も鳥のさえずりをイメージさせてくれる曲が、この弦楽四重奏曲です。鳥のさえずりを思い出させるヴァイオリンの二重奏がとても印象的で、曲のいたるところに顔を出します。

 この弦楽四重奏曲は「全く新しい特別な方法でされた」とハイドン自ら述べた6曲の弦楽四重奏曲からなる「ロシア四重奏曲」の中の一曲で、この『鳥』以外の曲も、とてもユニークで存在感があります。特にそれまでのハイドンの曲に見られなかったユーモアのような遊び心に満ちた仕掛けが見られるのが特徴です。この四重奏曲集は、モーツァルトに深い感銘を与え、モーツァルトの最高傑作のひとつ「ハイドン四重奏曲」を書かせるきっかけとなりました。『鳥』四重奏曲はハ長調ですが、モーツァルトのハイドンセットの中で同じハ長調で書かれた『不協和音』のニックネームで親しまれる弦楽四重奏曲第19番を聴くと、この2曲はちょっと似た雰囲気を持っているなと感じます。



タグ:ハイドン
posted by やっちゃばの士 at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥のさえずり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

イメージクラシック「夜明け」その11

スメタナ 連作交響詩『わが祖国』より第5曲「ターボル」

夜明け前
あたりはまだ暗い
息を潜めながら
着々と戦いの準備を進める

 僕は独立してから初めての新年を迎えました。独立してみて一番感じたことは、結果を出すには必ず準備が必要であるということでした。昨年の新年の課題は独立でした。独立には戦略も必要ですが、それ以上に勢いが必要であると感じた僕は、リヒャルト・シュトラウス交響詩『英雄の生涯』で新年を出発しました。

 今年はすべてに対して、準備して臨んでいくこということで、新年の夜が明ける前にスメタナ連作交響詩『わが祖国』第5曲「ターボル」を聴いて新年に臨みたいと思います。ターボルというのは、ボヘミア南部の町の名前で、この町は15世紀に宗教戦争を起こしたフス教徒の本拠地でした。曲は不気味な静けさの中、フス教徒たちの賛美歌が、まるで夜中のフクロウのように、不気味さと力強さを持って流れてきます。この部分は戦に備えて暗闇の中で準備する風景を彷彿とさせます。

 スメタナは、この曲に対して次のような表題を与えています。「フス教団の賛美歌(われらは神の戦士たれ)が曲全体のモットーである。これはターボルに立てこもった人々に勇気を与え、不屈の精神の支えともなった。」

posted by やっちゃばの士 at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。