2012年11月11日

イメージクラシック「秋の青空」その6

ハイドン 弦楽四重奏曲第63番ニ長調『ひばり』より第1楽章

吸い込まれる青い空
高く高く舞い上がる

 快晴の青い空を見上げていると、大空へ舞い上がって、旋回しながら美しい秋の紅葉の景色を俯瞰してみたい気持ちになります。

 大空を優雅に旋回しているかのような気持ちにさせてくれる曲が、ハイドンの有名な弦楽四重奏曲『ひばり』の第1楽章です。『ひばり』というニックネームの由来となった優雅な第1主題は、ひばりが優雅に青空を飛んでいるイメージを抱かせてくれます。一般的には、この主題はひばりの鳴き声をイメージさせるそうですが、僕はそのようには感じません。どちらにせよ、とても優雅な印象的な音楽で、快晴の日に良く似合う曲だと思います。
 
 ハイドンは交響曲と同様、数多くの弦楽四重奏曲を作曲しましたが、この『ひばり』はおそらく最も有名でかつ一度聴いたら忘れられない印象を与える曲です。





 
posted by やっちゃばの士 at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の青空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

イメージクラシック「秋の青空」その5

ラフマニノフ ロシア狂詩曲

青空に響く鐘の音

11月の青空には、鐘の音がどこまでも広がっていくように思えます、鐘の音は様々な意味の時を伝えてくれます。ある人にとっては別れの時を、また別のある人にとっては出発の時、思い出の時、現実の時など人によって受け取り方は千差万別です。

 ラフマニノフロシア狂詩曲。彼がまだ18歳の時に作曲された2台のピアノのための作品です。秋の青空に響く鐘の音のような透明で暖かい叙情に満ちています。ここで鳴る鐘の音は、

意気揚々とした作曲家の未来への期待
子供のころから感じてきた故郷への愛着

を表しているように思います。ラフマニノフの作品にはたびたび「鐘の音」をイメージさせる音楽が登場しますが、この曲のような学生時代の習作においてすでに「鐘の音」が登場していることを考えると、「鐘の音」は彼の音楽の出発点だったのかもしれません。

 




posted by やっちゃばの士 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の青空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

イメージクラシック「秋の青空」その4

シューベルト ピアノソナタ第20番イ長調より第1楽章

青空に響く青年の歌

 青空から下りて来る暖かい光は心地よく、ずんずんとどこまでも歩いていきたい気分になります。昨夜までの悩みは遠い過去のことのように消えてしまい、澄んだ青空のような将来が目の前に広がっているのではないかという思いになります。ただ時折感じる冷たい風が、ふと現実の破片を思い出させたりもします。

 シューベルトピアノソナタ第20番は、シューベルトの後期三大ソナタの真ん中の曲です。悲劇的な第19番諦念に満ちた第21番の間にあって、温和な秋晴れのような表情をもった、ちょっとホッとする曲です。シューベルトの晩年の苦しさを思うと

悲しいことばかりではなく、楽しいこともある

と感じさせてくれる力がこの曲にはあります。シューベルトは彼の才能を高く評価してくれた同年代の作曲家フンメルにこの作品を捧げています。シューベルトの生前、この曲を含めて3つのピアノソナタは出版されることはありませんでした。人びとがこのソナタを聴いたときは、シューベルトの魂は深く澄んだ青空のどこかに消えてしまっていたのでした。



posted by やっちゃばの士 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の青空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

イメージクラシック「秋の青空」その3

J・Sバッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻より第1曲プレリュード

 まだまだ空は深い青色で、晩秋の気配はありません。ひんやりとした空気に透き通る昼間の光の中を歩いてみると、桜の木々が紅葉していることに気づきました。紅葉の隙間から見える青空の深いこと。吸い込まれそうです。

 青空の透明な抒情にはバッハのピアノ曲が似合います。平均律クラヴィーア曲集の中には、秋の青空のように澄んだ抒情を持つ曲がたくさんあります。そして、その中でも青空に上っていくような気分にさせてくれるのが第1曲のプレリュードです。上昇する分散和音が繰り返される単純な構造の曲ですが、とてもピュアな叙情を湛えており、美しいメロディと錯覚してしまうほどです。

 このハ長調のプレリュードは、後にフランスのグノーが自作の歌曲アヴェ・マリアの伴奏として使ったことでも有名です。おそらくグノーもこの曲の中に、天に捧げられる純粋な心のような抒情を感じ取ったのでしょう。

posted by やっちゃばの士 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の青空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

イメージクラシック「秋の青空」その2

J・Sバッハ 無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュード

 青色の空に吸い込まれるようなメロディ 

 秋空にはバッハの音楽がよく似合う。僕は秋になるとバッハの器楽曲を聴きたくなります。バッハの音楽の持つ多声の有機性と透明感が秋の透明感にぴったりとくるからかもしれません。

 無伴奏チェロ組曲第1番のプレリュードは数あるバッハの名曲の中にあって、最も秋の青空に響き渡る曲としてふさわしいと思います。冒頭のアラベスクのような分散和音はシャボン玉のように青ぞおらに向かって上昇していきます。青空の下には紅葉に色付いた山。弦楽器の温かみが紅葉のイメージを一層強くします。
  
 この曲はドラマなどでもしばしば耳にすることがあります。



タグ:J・Sバッハ
posted by やっちゃばの士 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の青空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。