2012年04月19日

イメージクラシック「春」その7

ドビュッシー 管弦楽のための映像より『春のロンド』

曇りがかった四月の日曜日の朝
今日は祭りだというのに大気は冷たく
人の姿もまばらに見えるだけ
盛り上がるにはまだまだ時間がかかりそう

 管弦楽のための映像の第3曲『春のロンド』で、ドビュッシーはどのような風景を描こうとしたのだろうか、僕はこの曲を聴く時いつもあれこれと連想してみます。霧に包まれたような開始、霧が晴れそうで晴れないちょっともどかしい展開。最後にやっとわかりやすい民謡風の旋律がイングリッシュホルンで登場して、やっぱり春なのかなという気分になるのですが、きっと雨か曇りの祭りの日を描いたのではないだろうかと思うのです。

 ちなみに、ドビュッシーはこの曲の中で、フランスの童謡「嫌な天気だから、もう森へは行かない」を使っています。なぜ明るい春もしくは眠気を誘う温かい春を描かなかったのかわかりませんが、この曲のイメージを考えていた僕の脳裏には、肌寒い四月の午前の風景を見ると、自然とこの曲が浮かぶようになっています。

CIMG0001.JPG

ラベル:ドビュッシー
posted by やっちゃばの士 at 18:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

イメージクラシック「春」その6

マーラー 交響曲第1番ニ長調より第1楽章

春の目覚め
耳を澄ませば
カッコウや小鳥のさえずり
軍楽隊のファンファーレ
さわやかな風の音

 マーラー交響曲第1番の第1楽章は、大地が春に目覚めてから、自然の生き物たちが活動していく様子が思い浮かぶとてもさわやかな音楽です。特に冒頭の弦のフラジオレットによる神秘的な緊張感は、朝眠りから覚めようとする大地に満ちた春の息吹のようです。朝が明け、親しみやすい第1主題が始まります。同時期に作曲された歌曲『さすらう若者の歌』の旋律を用いた名旋律です。

 ちなみに、この親しみやすい第1主題は、入学式の音楽として使えるのではないかと度々思うことがあります。来月には僕の娘も小学校の入学式と幼稚園の入園式を迎えます。温かい春の日差しの中でこの第1主題を心の中で奏したいと思います。

ラベル:マーラー 入学式
posted by やっちゃばの士 at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

イメージクラシック「春」その5

ベートーヴェン ピアノソナタ第15番ニ長調『田園』

 寒い日が続いていましたが、今日は温かい日でした。いつも朝露で全面濡れている寝室に窓も、八割程度しか濡れていなかったのが印象的でした。


厳しい冬が去ってはまた来るように、平和な春は長く続かない。だからこそ春は春らしくあってほしい。

 ベートーヴェンピアノソナタ第15番は、ほのぼのとした春の田園風景を思わせる抒情を持っています。『田園』というニックネームは、ベートーヴェンがつけたものではなく、第三者がこの曲の持つ春の田園を思わせるような穏やかな情緒に感銘を受けてつけたものです。このタイトルはとてもよくこの曲の特徴をとらえていると思いますが、僕には、ただ穏やかではなく、何か厳しさが去って訪れた平和と穏やかさのように思えます。

 第1楽章から終楽章への曲の流れが何か小さなストーリーを感じさせるものを持っており、『月光』や『テンペスト』という暗い情熱を持った傑作の陰に隠れがちなこの作品ですが、とても充実しているソナタだと僕は思っています。

第1楽章 とても控え目な出だし、ちょっとためらうような気分を持った音楽です。まだ寒い冬は空けないと思っていたが、意外にも春の訪れは早く、本当だろうかと疑いながらも、徐々に春に同化していくといった感じでしょうか。

第2楽章 ニ短調。憂鬱な歌。やはりまだ寒かった。そして、僕の気持にもいまだ春は来ず。一度聴いたら忘れないとても印象的な旋律です。

第3楽章 スケルツォ。ひばりの舞といったところでしょうか。躍動的な音楽です。

第4楽章 ロンド。「やはり春は来た。よかったねえ。」と、安心感と期待感を抱かせる印象的な主題に始まります。のどかな風景をどこまでも楽しんで歩いていくような軽快なロンド。

posted by やっちゃばの士 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

イメージクラシック「春」その4

グリーグ ピアノ協奏曲イ短調


石走る垂水の上のさわらびの萌えいずるはるになりにけるかも(志貴皇子)


 まだちょっと早いかもしれませんが、川の水の音を聴いていると、雪と氷の冬が溶けて、春に向かって流れていくのを感じます。青空にさんさんと照り続ける太陽を見ていると、僕の頭の中では、肌寒さを忘れて、現実よりも早くが進んでいきます。

 グリーグピアノ協奏曲は、「厳しい冬と春の到来」を感じさせてくれる名曲です。グリーグが北国ノルウェ―の作曲家だからでしょうか、この曲は「北国の春」的情緒に満ちています。ノルウェーの代名詞ともなっているフィヨルドや北国の海や湖、山の情景が自然と浮かんでくるのだから不思議です。

 この曲のもう一つの大きな特徴は

若々しさ
瑞々しさ
温かさ

で、同じ北欧でも「」のところで紹介したシベリウスヴァイオリン協奏曲とは全く異なっています。これは、グリーグの人柄と作曲の時に置かれた状況が大きく原因していると思います。

@グリーグの小さいものをいとおしむような温かい性格。
A25歳というまさに作曲家として成長の真っ盛りに作曲された。期待感に満ちている。
B2年後結婚することになるニーナへの愛情。

このようにして、このフレッシュなピアノ協奏曲が誕生したのでした。

第1楽章 アレグロ 冒頭のティンパニの連打とピアノのカデンツァは余りにも有名。第1主題とほの暗さと第2主題の温かさが北欧の青年の瑞々しい叙情を歌います。

第2楽章 アダージョ 弱音器をつけた弦楽器が、霧のかかったような北欧の情景を表現します。やがて霧は晴れて、ピアノが美しい叙情的な旋律を歌います。将来の妻二―ナへの愛情が感じられます。

第3楽章 アレグロ テンポの良い冬の舞曲で始まります。やがて激しい舞曲は止まり、美しい民謡的な主題をフルートが歌います。この部分は春の到来晴れを告げているようで、何度聴いても鮮烈で、とても印象に残ります。

 第1楽章の冒頭が余りにも有名なため、残りの楽章の印象が薄くなってしまっていますが、上記に述べたように、第2、第3楽章は宝の宝庫であり、全曲を聴いてこそはじめてこの曲の素晴らしさを感じることができるのだと思います。



 
ラベル:グリーグ
posted by やっちゃばの士 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

イメージクラシック「春」B

ストラヴィンスキー(ロシア)  バレエ『春の祭典』(1913年)

 4月に入って結構雨の日が多いです。今日も激しい雨が降っています。そういえば今年はまだ春雷を聞いていません。まだ本当の春は来ていないのかもしれません。

 今日も「春」をタイトルロールに持つ作品ですが、『春の祭典』は他の春をイメージさせる曲とは一線を画します。「春」と言えば

喜ばしい
初々しい
明るい
さわやか

などのイメージがありますが、この曲には上記のような要素が全くありません。あるのは

激しいリズム
官能的な興奮
野蛮な踊り

です。「春の雨よ、もっと激しく降れ、降りまくれ」と言わんばかりの激しいリズムと咆哮の音楽がここにはあります。また、この曲には「うれしい」とか「かなしい」という抒情が存在しません。あるのは「気持ちいい」とか「ノリがいい」という肉体的な感覚です。心で感じる音楽ではなく、肉体で感じる音楽なのです。

 この曲の初演は大センセーションをひき起こしたことで有名です。このことは、この曲が従来のクラシック音楽とは全く違った音楽であったことを物語っています。ただ「春」をイメージさせる楽節は存在していて、例えば、冒頭のファゴットの高音域で始まる旋律は、


春生き物が眠りから目を覚ます


といったイメージを喚起させてくれる名旋律だと思います。




posted by やっちゃばの士 at 12:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。