2011年12月31日

キーワードクラシック「感激」その1

マーラー 交響曲第2番ハ短調『復活』より第5楽章

私は生きるがために死ぬ
後は神が導いてくださるだろう

 マーラー交響曲第2番『復活』の最終楽章に高々と歌われるテーマです。マーラーの音楽は非常に甘く母性的な響きを持っています。復活の歌は、母なる大地から神秘的に湧き出でて、最後には感激のフィナーレとなります。この交響曲は80分を超す大作ですが、フィナーレでオーケストラが復活の歌を高々と歌いあげる部分は、何度聴いても感激で、この感激を味わうためにそれまでのすべてがあったのだなと感じさせてくれるように思います。

 この交響曲は、@声楽付きであること、A暗から明へとストーリーを持っているということで、ベートーヴェン第9と比較されることが多いですが、次の点で大きく異なっていると僕は思います。

@母性的であること 
ベートーヴェンの第9は、まさに「闘争」から「勝利」を勝ち取るといった男性的な音楽であるのに対して、マーラーは「絶望」から「救い」へという癒しと言ってもいい母性的な音楽です。

A汎神論的であること
 第9が一神教のキリスト教的であるとするならば、『復活』は汎神論的であります。第9は闘争から勝利へという各楽章が直線的な流れを持っていますが、『復活』は第3楽章が自作の『子供の不思議な角笛』からの引用であるといったコラージュ的な構成になっています。第9が神との対話であるならば、『復活』は自然との対話です。

B最終楽章の構成
 第9では、前半に「歓喜の歌」が登場し、以後約20分近くも喜びの音楽が続きます。僕はちょっとうんざり感じるところがあり、コーダの部分になるとほっとします。『復活』の終楽章も第9と同じように30分近くかかる巨大な楽章ですが、前半部が「最後の審判」をあらわす嵐のような音楽、中間部は静かな森と闇を思わせる静寂に満ちた音楽、そして終結部になってようやく勝利に満ちた輝かしい音楽が登場します。この輝かしい音楽をもって終結するので、感激の余韻も大きなものとなります。

来年は感激の一年を送りたいものです。


ラベル:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 感激 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。