2014年10月28日

イメージクラシック「嵐」その10

シューマン 『マンフレッド』序曲

疾風怒濤の主人公に向けられる温かい愛情

 久々の投稿になります。実りの秋、毎年このシーズンになると、僕は決まってドイツロマン派の大作曲家シューマン(1810〜1856)の円熟時代のオーケストラ作品を聴きたくなります。

特に

交響曲第3番『ライン』
チェロ協奏曲イ短調
マンフレッド序曲

は演奏家を変えて繰り返し何度も聴いています。この3曲は、おそらくシューマンの作曲した交響曲、協奏曲、管弦楽曲の各ジャンルの中で最高傑作だと思います。この3曲は円熟時代の作品とあってか、オーケストラの響きがとても充実しています。ただ、僕が好んで聴くのは、それ以上の理由があります。

それは、

シューマンの音楽に

温かい愛情

を強く感じるからです。

特にマンフレッド序曲は、深い悩みをかかえた主人公マンフレッドに対する深い愛情を感じさせてくれます。音楽は疾風怒濤の激しい感情と深い憂愁が打ち寄せる波のように交互に表れるのですが、その響きにはどこか温もりがあって、不思議な余韻を与えてくれます。

 シューマンは愛する妻と8人の子供に恵まれました。大作曲家の多くが、生涯独身だったり、離婚したり、結婚していても子供に恵まれなかったりするなか、生涯一人の女性を愛し、多くの子供を育てた大作曲家はシューマンだけです。このようなシューマンの家庭環境が、彼の音楽に独特の温かさを与えていると僕は考えます。

【後払いOK】【2500円以上送料無料】シューマン:交響曲第2番、「マンフレッド」序曲/シノーポリ - オンライン書店boox
【後払いOK】【2500円以上送料無料】シューマン:交響曲第2番、「マンフレッド」序曲/シノーポリ - オンライン書店boox

ラベル:シューマン
posted by やっちゃばの士 at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

イメージクラシック「嵐」その9

シューベルト アレグロイ短調『人生の嵐』

 強い南風が吹きつける一日でした。舞い上がる砂嵐の中を目を伏せながら歩いていると、「春の嵐」という言葉を思わずには居られませんでした。

 ドイツの作家ヘルマン・ヘッセの小説に『春の嵐』というのがあります。盲目の音楽家が主人公で、物語の持つ激しくも透明な抒情性に高校生のころ感動した覚えがあります。僕はヘッセの青年小説の持つ美しい叙情性はシューベルトの音楽の持つ美しい叙情性に似ているなと思うことが良くあります。

 ピアノの連弾曲『人生の嵐』はシューベルトが生涯最後の一年に作曲された曲です。『人生の嵐』とは、シューベルトが名づけたものではなく、この曲を聴いた人が、冒頭のたたきつけるような激しい主題からつけたニックネームです。したがって、この曲には人生の嵐などというストーリー性は全くないはずなのですが、シューベルトの最晩年の激しい曲ということもあって、何か意味づけをしたくなる不思議な力があるように思います。

ラベル:シューベルト
posted by やっちゃばの士 at 00:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

イメージクラシック「嵐」その8

ベートーヴェン 交響曲第6番へ長調『田園』より第4楽章「雷雨、嵐」

関東地方も梅雨に入りました。午前中晴れていたのに、午後になっていつの間にか黒い雲に覆われて激しい雨に襲われるといったことがこれからますます増えて来るでしょう。

嵐の前の黒雲と突風
だんだん近づいてくる雷鳴
天地を切り裂く雷光

 まさしくベートーヴェン田園交響曲の嵐の光景です。ベートーヴェンの嵐の音楽はやはり夏の嵐です。この嵐はある種の明快さとさわやかさを持っています。ベートーヴェンの音楽そのものの持つ性質か、この嵐の第4楽章を挟む第3楽章「田舎の人たちの楽しい集まり」と第5楽章「牧人の歌-嵐の後の喜ばしく感謝に満ちた気分」とのストーリー性が関係しているのか、とにかくすべてを気持ちよく流してくれる嵐の音楽がそこにはあります。



posted by やっちゃばの士 at 14:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

イメージクラシック「嵐」その7

マーラー 交響曲第1番ニ長調より第4楽章

 台風なみの強風の吹きつけるまさに春の嵐の一日でした。つい先日強い南風が吹いて嵐のようだと感じたばかりですが、今回の嵐は比較にならないほど大きなもので、木々をなぎ倒すなど暴れまくっていました。

 ここまでの規模の嵐となると、やはりオーケストラの登場となります。春の嵐、青春の嵐が表現されているマーラー交響曲第1番第4楽章です。シンバルの一撃で嵐のような音楽が冒頭から荒れ狂います。マーラーは

Stürmisch bewegt(嵐のように動的に)

と楽譜に書き込んでいます。さらに彼は「地獄から天国に」という標題を書き加えました。この曲には傷つきやすい青年の絶望と希望が見事に表現されています。まさに春の嵐という標題をつけるにふさわしい曲だと思います。



ラベル:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 00:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

イメージクラシック「嵐」その6

ショパン 練習曲作品10の12『革命』

 ものすごい突風が吹き荒れる一日でした。風は生温く南風なので、もう厳しい冬は去り、春が来たんだという安心感と期待感をもって、少し突風を楽しむ余裕も出てくるのだから不思議です。

 こういう日には激しいロマン派のピアノ曲を聴きたくなります。ショパンは感情をぶつけるような激しい曲を何曲も作曲しましたが、その荒れる感情の激しさにおいては『革命のエチュード』が一番ではないかと思います。

 ショパンはこの曲を、ロシアによって陥落したワルシャワの悲劇に悔しさと怒りをぶつけながら、作曲したと言われています。彼の誕生する15年ほど前に小国ポーランドはロシア、ドイツ、オーストリアによって分割されて領土を失い、他国の支配を受けていました。ショパンはワルシャワ蜂起の当時21歳。彼はウィーンの地で演奏活動を行っていましたが、ポーランド人であるが故の差別に苦しみパリ行きを決意していたところでした。

 上記のように、この練習曲集作品10はショパン20歳過ぎに作曲されたショパンのピアノ独奏曲の傑作の中では最も初期に属する作品です。したがって『革命』には、後年の曲にはない若々しい激情がストレートに表現されています。ちなみに、この練習曲集には他に『別れの曲』『黒鍵』などの有名曲があります。

ラベル:ショパン
posted by やっちゃばの士 at 14:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。