2014年10月28日

イメージクラシック「嵐」その10

シューマン 『マンフレッド』序曲

疾風怒濤の主人公に向けられる温かい愛情

 久々の投稿になります。実りの秋、毎年このシーズンになると、僕は決まってドイツロマン派の大作曲家シューマン(1810〜1856)の円熟時代のオーケストラ作品を聴きたくなります。

特に

交響曲第3番『ライン』
チェロ協奏曲イ短調
マンフレッド序曲

は演奏家を変えて繰り返し何度も聴いています。この3曲は、おそらくシューマンの作曲した交響曲、協奏曲、管弦楽曲の各ジャンルの中で最高傑作だと思います。この3曲は円熟時代の作品とあってか、オーケストラの響きがとても充実しています。ただ、僕が好んで聴くのは、それ以上の理由があります。

それは、

シューマンの音楽に

温かい愛情

を強く感じるからです。

特にマンフレッド序曲は、深い悩みをかかえた主人公マンフレッドに対する深い愛情を感じさせてくれます。音楽は疾風怒濤の激しい感情と深い憂愁が打ち寄せる波のように交互に表れるのですが、その響きにはどこか温もりがあって、不思議な余韻を与えてくれます。

 シューマンは愛する妻と8人の子供に恵まれました。大作曲家の多くが、生涯独身だったり、離婚したり、結婚していても子供に恵まれなかったりするなか、生涯一人の女性を愛し、多くの子供を育てた大作曲家はシューマンだけです。このようなシューマンの家庭環境が、彼の音楽に独特の温かさを与えていると僕は考えます。

【後払いOK】【2500円以上送料無料】シューマン:交響曲第2番、「マンフレッド」序曲/シノーポリ - オンライン書店boox
【後払いOK】【2500円以上送料無料】シューマン:交響曲第2番、「マンフレッド」序曲/シノーポリ - オンライン書店boox

ラベル:シューマン
posted by やっちゃばの士 at 00:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。