2013年05月26日

イメージクラシック「静寂」その3

モーツァルト 幻想曲ハ短調

静寂の中に広がる深い喪失感

 モーツァルト幻想曲ハ短調、重々しい冒頭のアダージョは、異様で不気味な静寂感を持っています。転調を重ねながら下降していく音の不気味さは、

嵐の前の空が真っ暗になり、風がピタッと止む

光景に似ています。僕は以前「」のカテゴリーでこの曲を取り上げ、まるであの世の曲のようだと記述しましたが、この曲の背後には、何か深い喪失感のようなものがあるように感じます。

 この曲が作曲されたのは1785年、モーツァルトはウィーンで大活躍していました。外面的にはとても幸福そうに見えるこの期間ですが、特筆すべきは、この年に深い悲しみをたたえた短調作品が生まれていることと、秘密結社フリーメイスンに入会したことです。ピアノ協奏曲第20番ニ短調、ピアノ四重奏曲第1番ト短調などモーツァルトの短調の代表的な作品やフリーメイスンのための葬送音楽等がこの年に作曲されています。目に見えない精神的な体験が、この幻想曲には反映されていることは間違いでしょう。

mozart.jpg

ラベル:モーツァルト
posted by やっちゃばの士 at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静寂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。