2013年04月29日

イメージクラシック「鳥のさえずり」その4

ベートーヴェン 交響曲第6番へ長調『田園』より第2楽章「小川のほとり」

木管楽器の原点回帰

 木管楽器の響きはおそらく鳥の鳴き声に摸したところが出発点だと思われます。楽器の発展とともに、鳥の鳴き声とは関係なく、木管楽器の音として定着してきました。ハイドンモーツァルトの木管楽器の響きは、その特徴を見事に引き出されていて、完成された美を持っています。そんな木管楽器の完成された響きを、原点の鳥の鳴き声に近づけよう、あるいは鳥の鳴き声に似せようという、それまでとは全く違ったベクトルに向かっていったのが、このベートーヴェン『田園』の音楽です。

クラリネットはカッコウ
フルートは夜鶯
オーボエは鶉
弦楽器は水と光と空気を

 つつじが咲く季節になると、僕は毎年『田園』を聴きたくなります。今回聴いてみて、この第2楽章の木管楽器の響きが改めて新鮮で革新的であることを感じました。『英雄』、『運命』と音楽史の新しい扉を開いたベートーヴェンですが、おそらくこの『田園』が新しく開いた扉は、最もイノベーション的であると言えます。作曲者自身が名づけた標題を持つ唯一の交響曲であることがそのことを物語っています。

130414_1416~02.jpg







posted by やっちゃばの士 at 08:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥のさえずり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。