2012年11月28日

イメージクラシック「晩秋」その3

マーラー 交響曲『大地の歌』より第2楽章「秋の寂しさ」

秋の霧が青らみ湖面を渡り、
霜がすべての草草を白く包み
あたかも匠(たくみ)の手が玉光のこまやかな粉を
美しく咲き誇る花の上に
まき散らしたかのようだ。

<中略>

私は一人孤独のうちに涙ぐみ、
心の奥にひそむこの秋は
果てしなく広がりわたる太陽よ!

 マーラー交響曲『大地の歌』の第2楽章「秋の寂しさ」は、冬が間近に迫った晩秋の夕べに、ほっと一息つきながら聴きたくなる音楽です。寂しさに満ちているけれども、どこかほっとさせてくれる音楽です。弦楽器の弱音は晩秋に吹く冷たい風を、寂しいオーボエは秋の野辺に佇む孤独な心を表しているように思います。

 この晩秋の寂しさは、最終楽章「告別」になると、より深刻に、まるで「死」を予感させるような重い響きになって再び登場します。ペシミズムに満ちたこの曲も、第9交響曲と同様、晩秋の季節にしか僕は聴きません。





ラベル:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晩秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。