2012年11月23日

イメージクラシック「夕日」その4

モーツァルト 弦楽四重奏曲第18番イ長調より第3楽章

夕日の差し込む居間で
うつらうつらと夢の中
母が読み聞かせてくれた
果てしなく続く物語

 モーツァルト弦楽四重奏曲第18番の第3楽章のアンダンテでは、いつ果てることもない物語のように、暖炉の様な暖かい音楽が、次々と形を変えて現れては消えていきます。その暖かく回想的な叙情を持つ音楽を聴いていると、幼いころに物語を読んで聞かされた体験を思い出してきます。どこか「夕焼け小焼けの歌」に通じる情緒をこの音楽は持っているように感じます。

 この楽章は変奏曲形式で書かれており、とても長大で、おそらくハイドンセット全6曲の中で一番演奏時間が長い楽章です。変奏曲の持つ回想性とこの長大さが、果てしなく続く夢物語のように感じる原因となっていることは明らかでしょう。モーツァルトは変奏曲の大家で、『キラキラ星変奏曲』が良く知られていますが、その内容の充実ぶりでは、おそらくこの曲と、同じハイドンセットの弦楽四重奏曲第15番ニ短調の第4楽章が双璧ではないでしょうか。

DSCF2024.JPG





ラベル:モーツァルト
posted by やっちゃばの士 at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。