2012年11月11日

イメージクラシック「秋の青空」その6

ハイドン 弦楽四重奏曲第63番ニ長調『ひばり』より第1楽章

吸い込まれる青い空
高く高く舞い上がる

 快晴の青い空を見上げていると、大空へ舞い上がって、旋回しながら美しい秋の紅葉の景色を俯瞰してみたい気持ちになります。

 大空を優雅に旋回しているかのような気持ちにさせてくれる曲が、ハイドンの有名な弦楽四重奏曲『ひばり』の第1楽章です。『ひばり』というニックネームの由来となった優雅な第1主題は、ひばりが優雅に青空を飛んでいるイメージを抱かせてくれます。一般的には、この主題はひばりの鳴き声をイメージさせるそうですが、僕はそのようには感じません。どちらにせよ、とても優雅な印象的な音楽で、快晴の日に良く似合う曲だと思います。
 
 ハイドンは交響曲と同様、数多くの弦楽四重奏曲を作曲しましたが、この『ひばり』はおそらく最も有名でかつ一度聴いたら忘れられない印象を与える曲です。





 
ラベル:ハイドン ひばり
posted by やっちゃばの士 at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋の青空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。