2012年04月07日

イメージクラシック「春の室内楽」その5

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調より第5楽章「カヴァティーナ」

夕暮れの桜名残惜しさと物憂さと

 ベートーヴェン弦楽四重奏曲第13番の有名なカヴァティーナはとても不思議な音楽です。そこには祈りと諦念が入り混じったような歌う音楽があります。夕べのイメージを彷彿とさせてくれる音楽でもあるのですが、僕は秋ではなく春の夕べを連想します。まわりは若々しい春が来ているのに、自分はもう年老いてしまったとでもいうような情感でしょうか。

 この曲は1825年(ベートーヴェンの死の前々年)、ベートーヴェンが55歳の時に作曲されました。弦楽四重奏曲第12番、15番とともにセットで出版され、ロシアのガリツィン侯爵の求めで作曲されたことから、ガリツィンセットとも呼ばれています。この3曲の作曲と前作の弦楽四重奏曲第11番の間には約14年間のブランクがあり、前作とは全く違った響き、作風を持っているため、12番以降の弦楽四重奏曲は後期弦楽四重奏曲という総称で呼ばれています。この3曲はそれぞれ違った個性を持っていて、次のような特徴があります。

英雄のように壮大な新境地を歌う第12番
内面の充実を図る第13番
第9のようにドラマティックな第15番

 第13番は派手さはないが大変内面的に充実した作品で全6楽章からなり、器楽的な両端楽章に対して、真中の第2、3、4、5楽章がとても歌謡的なのが特徴的です。このカヴァティーナは第5楽章にあたり、それまで春の陽気にうきうきしていたのだけど、夕べになってちょっと肌寒くもなりしんみりとした気持ちになるとでもいった雰囲気を持っています。カヴァティーナとは抒情的アリアという意味だそうです。



posted by やっちゃばの士 at 14:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春の室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。