2012年04月26日

イメージクラシック「雨」その15

ブラームス バラード第1番『エドワード』

暗い部屋でひとり聴く雨の音
雨音は次第に強くなり
運命の鐘が激しく心を揺らす

 1854年2月26日、どしゃ降りの雨の中ロベルト・シューマンはライン川へ投身自殺を図りました。一命はとりとどめたもの、この事件はブラームスに大きな衝撃を与えたのでした。

 ブラームスのバラードは4曲まとめて出版されました。バラードを4曲残したのはブラームスとショパンだけですが、両者の作風は大きく違います。

ショパンはがある
ブラームスは地味

それではブラームスは面白くないかというと全然そういうことはありません。一言でいうと深くて透明な抒情とがっしりとした男性的な響きという他の作曲家にはない醍醐味があります。特に、バラード第1番の対位法的に運命音階がクレシェンドしていく中間部は何度聴いても飽きがなく、僕はとても気に入っています。


ラベル:ブラームス
posted by やっちゃばの士 at 22:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。