2012年03月08日

キーワードクラシック「アンティークな音楽」その2

プロコフィエフ 交響曲第1番ニ長調『古典交響曲』より第3楽章「ガヴォット」

 いつの間にか3月3日のひな祭りは去り、ピアノの上に並んだ3対のひな人形は帰宅すると片づけられていました。3月3日以前は帰宅すると子供たちがひな祭りの歌を声をそろえて歌っていたものです。

ひな祭り歌声めぐる夢の中

 母の手作りのひな人形は色彩が地味で落ち着いています。あでやかさよりも、ちょっと鄙びた感じが僕は気に入っていて、昨年のブログでは松尾芭蕉の句に、プロコフィエフピアノ協奏曲第3番が似合うと書きましたが、今回もプロコフィエフの音楽がひな祭りにふさわしいと思いました。

 古典交響曲のガヴォットです。ガヴォットはフランスの古典舞曲で4分の4拍子をとり、とても穏やかなで落ち着いた音楽です。プロコフィエフは「もしもハイドンが今でも生きていたら書いたであろう作品」としてこの古典交響曲を作曲しました。現代風のオーケストラが奏する擬古典的なその音楽は不思議な魅力にあふれています。プロコフィエフはこのガヴォットが大変気に入っていたようで、後の傑作バレエ『ロミオとジュリエット』の「舞踏会の客人たちの退場」の場面にも転用しています。

ひな祭り時は過ぎ去り懐かしむ


posted by やっちゃばの士 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。