2012年02月28日

イメージクラシック「サスペンス」その1

ヴェルディ 歌劇『運命の力』序曲

 19世紀、ワーグナー以外の作曲家によるオペラ作品のほとんどが、人間関係のもつれ、愛と憎しみ、裏切りと復讐、殺人と自害などをテーマにしています。これは今でいえばテレビドラマの「サスペンス劇場」に相当すると僕は思います。

 テレビのなかったヨーロッパの19世紀の市民はドラマを見るために劇場に出かけました。歌劇の幕が上がる前の序曲をわくわくしながら聞いたことでしょう。サスペンスドラマが始まる前のわくわくぞくぞくした感じを最も伝えてくれる作品が、ヴェルディ歌劇『運命の力』の序曲です。

 歌劇『運命の力』はヴェルディの中期の終わりに作曲された作品で、主な登場人物がすべて死ぬという陰惨極まりないストーリーです。そういったストーリーを象徴するように、序曲の音楽は

運命が迫りくるような切迫感

運命から逃れようとする祈り

に満ちているのが特徴的です。この序曲は数あるヴェルディの序曲の中でも傑作として名高く『椿姫』『リゴレット』など多くの傑作を多く送り出した経験を経て身に付けた円熟したオーケストラ技法が感じられます。その圧倒的なスケールを作曲者自身も感じていたためか、この序曲のことをシンフォニアと呼んでいたようです。


ラベル:ヴェルディ
posted by やっちゃばの士 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。