2012年01月31日

イメージクラシック「冬」その7

ショスタコーヴィチ 交響曲第5番二短調より第3楽章

雪と氷で閉ざされた世界
希望の光はいつ見えるのだろうか
遠い彼方にかすかに星が輝いているように見える
かすかに光が漏れる
あの氷のわずかな亀裂に
すべての可能性をかけて
僕は突破を仕掛けるその日を
息をひそめてじっと待っている

 ショスタコ―ヴィチ交響曲第5番の第3楽章は凍りつくような悲痛な感情が伝わってくる音楽です。彼がこの作品を完成したのは1937年。この年は1917年のロシア革命から約20年後のスターリンの粛清の嵐と第2次世界大戦の始まる前の不安に満ちた時代でした。共産主義はその後約70年余り続いたのでした。民主主義の現代に生きる僕から見るならば、この時代はまさに

暗黒の時代

です。そのような時代に感受性豊かな芸術家として独裁主義国家に生まれ生きていくというのは気が遠くなるほどのもどかしさがあったに違いありません。ストラヴィンスキー、プロコフィエフといった同時代の作曲家たちが外国に亡命するなかで彼はソヴィエトに留まりました。前2者の音楽には時代や体制の空気はあまり感じられませんが、ショスタコーヴィチの音楽にはそういった要素が色濃く反映されているのが特徴的です。

 弦楽器のみで続いていく悲痛さと非現実さを持った響きと、ひとり言のようにつぶやく木管の明るい小鳥のさえずり、氷の空に一瞬輝く星の光のようなトライアングルの響き、この独創的な世界を作曲者自身とても気に入っていたそうです。


posted by やっちゃばの士 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。