2011年11月19日

イメージクラシック「雨」その12

フォーレ ピアノ5重奏曲第1番二短調より第1楽章

晩秋の夕暮れ時闇にすっぽりと覆われた静かな車中
フロントガラスに
次々当たってはじける雨は
街灯のオレンジ色の光とまじりあって
泣きはらした顔のように
ぐちゃぐちゃになっている
昔見た絵画のような映像
船頭の歌が懐かしく響く
やがて雨上がりの朝を迎えるだろう

 フォーレピアノ五重奏曲第1番の第1楽章。冒頭から続く美しい分散和音は、天から落ちてガラスに当たってはじける雨粒のようです。とても透明度が高いきらきらとガラスのように光る雨粒です。分散和音に続き、弦がしっとりとした音楽を、雨に煙る霧のように重層的に響かせます。悲しみの雨はやがてやみ、光が差し込んできます。

 フォーレがこの曲を作曲した当時、彼は聴覚障害に悩まされていたのでした。おそらくフォーレの心の中には涙の雨が降っていたにちがいありません。現実の涙は暗くて悩ましいものだと思いますが、フォーレはこの心の中の風景を、芸術作品に昇華することによって、結晶のような美しい響きを持った世界に変えたのでした。

 フォーレの音楽の特徴は「しっとりとした夢幻的」抒情を持っていることで、僕は「」をイメージする曲として何曲か今までに取り上げてきましたが、この曲ほど「美しい雨」の抒情を感じさせてくれる作品はないと思います。この曲はあまり演奏されないようですが、音楽的にも抒情的にも彼の室内楽作品の中で最高の位置にふさわしい作品です。


ラベル:フォーレ
posted by やっちゃばの士 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。