2011年10月30日

イメージクラシック「みずうみ」その2

ワーグナー 歌劇『ローエングリン』第1幕前奏曲

 10月末の山の湖畔の朝。まだ夜が明けたばかりの湖面は冷たい霧に覆われていて、霧が途切れたところからは黄色やオレンジの山の紅葉が朝日を浴びて鮮やかに映えています。霧の中、僕はひたすら理想の僕を探し求めて霧が晴れるのを待つのでした。学生のころも今も何一つ変わっていないような気がする一方で、今度こそは何か大きな変化が起こるのかもしれないという期待を抱くのでした。

 ワーグナー『ローエングリン』の第1幕前奏曲。弦楽器の弱奏による神秘的な聖杯の主題で始まり、この主題が何度も重層的に繰り返され次第に音楽が広がっていくその神秘的な音楽は、一度聴いたら忘れることのできない感銘を与えてくれます。この聖杯の主題の繰り返しは、救い主の登場しそうな気配を伝えてくれ、オーケストラが盛り上がったところで、また静けさに包まれて行きます。深い感銘とともに、救い主と完全に一つになることのできない人間の性のようなものをかすかに僕は感じます。

 美しい景色も、美しい音楽も、美しい人も、すべて求めても決してその対象と一つになることはできないのが現実です。だから人は真善美の価値を求め続け、その価値追求欲は限りがないのです。求めても求めても到達しないというのは不安定な状態です。音楽や物語は、同化作用によって、それを鑑賞する人の心を安定させます。しかし長くは続かないのです。持続させるためには「感謝」という能動的な心が必要なのです。救い主は遠くではなくすぐ近くにいる・・・。

posted by やっちゃばの士 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | みずうみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。