2011年10月28日

イメージクラシック「秋のソナタ」その4

ブラームス 弦楽四重奏曲第3番変ロ長調
 「秋のソナタ」といえばブラームス。「ブラームスの秋のソナタ」といえば、その筆頭に挙がるのは弦楽四重奏曲第3番変ロ長調です。なんといっても第1楽章の「狩り」を思わせる音楽は、

秋晴れの午後の散歩

を促します。モーツァルト弦楽四重奏曲変ロ長調『狩り』が秋晴れの午前を連想させるとするならば、ブラームスの「狩り」は秋晴れの午後を連想させてくれるのがいかにもブラームスらしいところです。

 ブラームスの弦楽四重奏曲は、彼の弦楽六重奏曲や弦楽五重奏曲と比べて地味であるという評価が一般的にあります。地味というのは、目立たないという意味だと僕は解釈していますが、地味という言葉が意味するマイナス的なイメージが残念ながら彼の弦楽四重奏曲のすばらしさを曇らせているように思います。地味にさせている原因としては

@弦楽四重奏曲というジャンルは大きく、多くの名曲がひしめき合っているが、弦楽五重奏曲、弦楽六重奏曲のジャンルは小さいため。
Aブラームスの弦楽四重奏曲3曲はセットにされることが多く、最初に来る第1番の晦渋さが全体の印象に大きな影響を与えている。
Bブラームスが第1番の弦楽四重奏曲を書くまでに、長い歳月を費やし20曲以上の習作を書いては破棄するなど試行錯誤していること。


等があります。第3番は堅苦しさがなく、最初からリラックスして書いているような感じを与えてくれますが、どの楽章も創意工夫に満ちています。またどの楽章も秋の情緒に満ちているのが特徴的で、僕が「秋のソナタ」と評する所以がここにあります。第1楽章の冒頭の軽快な主題を聴くと、ずんぐりと太ったブラームスが、作曲を終えた秋の午後、葉巻を咥えて散歩に出かけていく様子が浮かんでくるようです。

image.jpg


posted by やっちゃばの士 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋のソナタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。