2011年10月14日

イメージクラシック「嵐」その5

ワーグナー 歌劇『さまよえるオランダ人』序曲

 朝激しい雨の中を飛ばしてキャンパスに向かいましたが、夕方になっても、雨は弱まるどころかますます勢いを増して降っているのでした。図書館での勉強を終えた後、絵具を買いに岡山の街へ出かけようと考えていた僕は、迷わず旭川の土手に向かって自転車を飛ばしました。賑やかな市街地に足を運んでみたかったからです。


灰色の空
たたきつけるように降り続く雨
濁流の旭川
煙った靄の中に浮かび上がる後楽園


 自転車はぐんぐんと前へ進み、自転車と平行に流れる川の流れよりも早いのではないかと思われるほどでした。体はびしょびしょに濡れていましたが、僕は気持ちよく市街地に滑り込んだのでした。ぐんぐんと前へ滑るように流れる自転車と共に、僕の想いの中では、ワーグナー歌劇『さまよえるオランダ人』の序曲が最初から最後まで流れていました。

 『さまよえるオランダ人』は、昔嵐で難破した幽霊船のオランダ人の船長の苦悩が、1人の女性の愛と犠牲によって救われるという物語です。このオペラはワーグナーの最初の傑作で、以後彼のほとんどのオペラの中心的なテーマはこの「女性の愛と犠牲による男性の救い」に貫かれていきます。当時の僕はこのテーマに共感し、ワーグナーのオペラばかり聴いていました。

 序曲は、このオペラの音楽のエッセンスが良くまとめられていて、序曲だけ聴いていても、非常に気分を爽快にさせてくれる力を持っています。

@嵐の中を幽霊船が突き進む音楽
A穏やかな港(地上)の音楽
B水夫たちの合唱


の3つの部分からなり、@の動とAの静の対比、@の動とBの動の相乗効果が気分を劇的に高めてくれる原因となっています。ワーグナーの作品は、この曲に限らず、気分を高揚させてくれる効果を持つものが多くあります。台本を自ら書くなど、音楽とドラマの融合に成功した、天才作曲家の魔力がそこにはあるように思います。



 

 
ラベル:ワーグナー
posted by やっちゃばの士 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。