2011年07月19日

イメージクラシック「月」その1

ドビュッシー 『ベルガマスク組曲』より第3曲「月の光」

一泊限りの避暑地の夜
寝苦しさに外へ出てみれば
湖畔からさわやかな風が
妙に湖の方が明るいので
僕は不思議な気持ちで歩いた
満月の白い光が
ほとんど波のない湖面に
静かに降り注ぐのだった
月の光線の中で
新たに出発しようと思った

 有名なドビュッシー「月の光」。風景が目に浮かぶような絵画的な音楽です。フランスの同時期の画家の作品では、さわやかな月夜の絵は見当たらないので、僕は絵画以上に月夜の風景を印象的に描いた作品だと思います。

 ドビュッシーは月夜が好きだったようで、前奏曲集第2巻の第7曲「月の光が降り注ぐテラス」歌曲「月の光」などの作品を残しています。どの曲も夏のさわやかな夜が似合います。


posted by やっちゃばの士 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。