2011年06月20日

イメージクラシック「夕暮れ」その3

ベルリオーズ 『幻想交響曲』より第3楽章「野の風景」


遠雷やただひとり聞く静寂の調べ漂う夏の夕暮れ

夏の夕べにおそらく多くの人が一度は体感する世界ではないでしょうか。特に物事を深く考える時間のある少年時代から青年時代にかけて、そのような体験をしたことが多いのではないかと思います。


孤独感と不安感
夕闇の中に紛れていく憂鬱な思いと明日への期待感
 
 ベルリオーズの『幻想交響曲』の第3楽章「野の風景」は、まさにこの夏の夕べに誰しもが体験する絵のような風景の中で、ある若い芸術家が憧れの人のことで思い煩う心情を音楽にした作品です。コーラングレとオーボエで奏される羊飼いの牧歌は、傷ついた青年の心を癒しますが、一方でしのびよる静寂感が青年の心をますます孤独にします。暮れていく美しい野山に吹くさわやかな風は、はるかなる意中の人への思いを募らせます。

 この第3楽章では、ロマンティックさとシュールさが同居した不思議な音楽の世界が繰り広げられますが、僕は幻想交響曲の中では、この楽章第1楽章「夢と情熱」が、ロマン性と非現実性の両方がうまくマッチングされていて、とても気に入っています。曲の最後、再び静寂感が主人公を包みますが、時折顔を出す遠雷の響きが、主人公の不安を煽り、やがて来る主人公の破滅を予兆します。

 ベルリオーズの作品には、夕暮れ時の雰囲気を表現したものが多くあり、交響曲『イタリアのハロルド』の第2楽章や劇的交響曲『ロミオとジュリエット』の舞踏会の前の音楽などがあります。おそらく、劇的なストーリーを展開させるに当たって、夕べの場面は重要なファクターだと彼は考えていたのではないでしょうか。

 
ラベル:ベルリオーズ
posted by やっちゃばの士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕暮れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。