2011年02月25日

イメージクラシック「雨」その7

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調


 激しく降り続ける春の雨に向かって走り続けた。冷たい雨でつらいと思っていたが、いつの間にか心地よく感じるようになった。

 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番は、ベートーヴェン唯一の短調で書かれたピアノ協奏曲です。その音楽の陰影を帯びた響きと力強い進行は、冷たい大地に眠る新しい命の種に降り注ぐ春の雨のようです。

この作品が作曲されたのは、ベートーヴェンが30歳を過ぎたころで、ちょうど難聴に悩み、ハイリゲンシュタットの遺書を書く直前の時期に当たります。30歳前にピアノ協奏曲第1番交響曲第1番などの大作を発表し、ウィーンで新進気鋭の作曲家としてスタートすることに成功したベート―ヴェンの前に、難聴という大きな壁が立ちはだかったのでした。悩みの中で、彼が作ったのはそれまでの作品にはない力強さを持った作品群でした。交響曲第2番ピアノソナタ『テンペスト』そしてこのピアノ協奏曲第3番等がその時期の代表的作品で、特に交響曲第2番やピアノ協奏曲第3番は、「強靭な意志」に満ちたベート-ヴェンらしさが満点です。

ハイリゲンシュタッドの遺書はベートーヴェンの人生の大きな転換点となり、ベートーヴェンの作風はその後「傑作の森」とも呼ばれる「中期の作風」に入っていきます。ピアノ協奏曲第3番や交響曲第2番が書かれた時期は、まさに「初期の作風」の最後に当たる時期であり、中期への過渡期とでも言えるような密度の濃い音楽となっています。2曲とも、曲の構成はハイドン、モーツァルトらの古典的形式を踏襲していますが、曲の表現力や響きは全く新しいものです。「新しい葡萄酒は新しい革袋に入れるべきである」という聖書の格言のように、ベートーヴェンの新しい音楽は、古い従来の形式に収めることができなくなり、やがて「中期の作風」へと入っていくのは時間の問題でした。

第1楽章 弦楽器の低いつぶやくような第1主題で始まります。この始まりの部分はモーツァルトのピアノ協奏曲第24番ハ短調を思わせるものがありますが、その後の展開の仕方が全く異なります。モーツァルトは第1主題のトゥッティーで、ひたすら悲劇的に音階が下降していきます。ベートーヴェンでは、対照的にトゥッティーで長調に転じ、力強く上昇していきます。この楽章では、曇り空に光が差し込むように、短調から長調に転調する部分がとても鮮やかで、モーツァルトの協奏曲のように「かなしみ」を感じることがありません。「かなしみ」よりも「感傷」と言ったらいいでしょうか。曲は最後の方で、降り続いた雨が止むように、オーケストラが休止し、カデンツァに入ります。カデンツァのあと、ティンパニの弱音に乗ってピアノが登場するのですが、この部分は「それまで覆っていた深い霧が、さあっと晴れていくような」印象深さがあります。

第2楽章 ベートーヴェンの数ある美しい緩徐楽章の中でも、飛びぬけて抒情的でロマンティックな音楽。霧が晴れて美しい睡蓮の花が姿を現すといったようなイメージでしょうか。

第3楽章 再び短調。また雨が降り出したようですが、空が明るく、もうじき止むだろうなといった予感を感じさせてくれるとても気持のよいテンポの速い音楽です。案の定、最後に長調になって、華麗に曲は締めくくられます。







 
posted by やっちゃばの士 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。