2011年02月22日

イメージクラシック「冬」その3

ブラームス ピアノ四重奏曲第2番イ長調

 ちょっとした小春日和のような暖かさが感じられる1日でした。空気は冷たいのですが、日のぬくもりを受けて、今まで寒さの中でじっと固まっていた何かが動き出しそうな期待感をかすかに抱きました。

春は近くまで来ているかわいい


 真っ青な空の下、冷たい風に揺れる一面のすすきとすっかり葉を落としてしまった木々。寒さの中にも、明るい希望が・・・。このような日には、

日溜まりの音楽晴れ


を聴きたくなります。日溜まりの情緒を感じさせてくれる作曲家といえば

シューベルト
ブラームス

この2者の右に出る者はありません。今日はブラームスの日溜まり情緒に満ちた傑作ということで、

ピアノ四重奏曲第2番イ長調

ブラームスのピアノ四重奏曲と言えば、第1番ト短調がもっぱら有名で、2番は変化に乏しく平明であるという評価をされて目立たない存在となってしまっていますが、僕は第1番に勝るとも劣らない傑作だと思っています。第1番は激情的で、緩急に富んでおり、一方、2番の方は、小春日和のようにぽかぽかした陽気と同時に、冬の冷たさを感じさせるような、青年の移ろいやすい心を見事に描き切った傑作だと思います。

第2番の特徴は

壮大なスケール(ブラームスの室内楽の中で最も演奏時間が長い)
一度聴いたら忘れられない特徴的なリズム
音色が豊かで、オーケストラのような響き
陰影に富んだ豊かな叙情


そして

冬の晴れた日にかすかな期待と郷愁を抱かせる詩情(主観的ですが)


です。このことから、第2番は第1番の陰に隠れた存在なのではなく、第1番と対をなす存在であると言えます。ブラームスのピアノの室内楽の作品は

ピアノ三重奏曲・・・3曲
ピアノ四重奏曲・・・3曲
ピアノ五重奏曲・・・1曲


ですが、質と量を考えると四重奏曲が群を抜いていると思います。


第1楽章アレグロ
穏やかな特徴的なリズムを持つ主題で開始。単純な主題が油絵の具の重ね塗りのように重厚な音楽に発展していきます。第2主題のリズムはもっと特徴的で一度聴いたら忘れられません。主題展開部では、第1主題と第2主題がシンフォニックに展開され、オーケストラを聴いているような迫力があります。


第2楽章アダージョ
晴れた真冬の湖面に映った景色を見ているような情緒があります。しばしば表れる弦とピアノの弱音が印象的。移ろう若者の心の変化を表現しているのでしょうか。


第3楽章スケルツオ
力強い舞曲。若者のエネルギーに満ちています。


第4楽章フィナーレ。アレグロ
新しい朝日を浴びて、新たに出発するようなはじまり。第1番と同じようにジプシー音楽が顔を出します。

ラベル:ブラームス
posted by やっちゃばの士 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。