2010年08月13日

イメージクラシック「朝」その2

リムスキー=コルサコフ スペイン奇想曲よりアルボラーダ

 リムスキー=コルサコフは海軍の軍人を務める傍ら、音楽を学びました。色彩感豊かなオーケストレーションが彼の音楽の最大の特徴ですが、もうひとつが海軍時代にいろいろなところに航海した体験が生み出すエキゾチックな情緒です。

 スペイン奇想曲の有名なアルボラーダは、南国の朝の雰囲気を伝えてくれる活気に満ちた音楽です。旅先のホテルで、朝の海を眺めながら朝食を食べるときにぴったりな曲だと思います。

青い海
爽やかな風と空
白いテーブルの上のオレンジ

わくわくした旅がこれから始まります。


posted by やっちゃばの士 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。