2010年06月05日

シチュエーションクラシック「妻の誕生日」A

ボロディン 弦楽四重奏曲第2番ニ長調

 第3楽章の『夜想曲』で有名なこの弦楽四重奏曲はロシアの田舎を思わせるような抒情がいっぱいに詰まった愛すべき作品です。ボロディンはこのあまりにも美しい曲を結婚20周年を記念して自分の妻に捧げたのでした。

ロシアの山脈の青い空
夕日がどこまでも続く平原
気持ちをくみ上げてあげれなかった昔の日々

すべての過去は「思い出の宝箱」であり、この「宝箱」を感謝と愛情の気持ちとして捧げたいという気持がここにはあります。僕は結婚してちょうど10年になりますが、おそらく歳を重ねるほどそういう気持は強くなるのではないかと思います。


あたたかい愛情の音楽


人生においてもっとも「大切なもの」を教えてくれる傑作です。




ラベル:ボロディン
posted by やっちゃばの士 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の誕生日に贈る曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。