2010年03月29日

キーワードクラシック「フィギアスケート」C

ラフマニノフ 前奏曲嬰ハ短調『鐘』 幻想小曲集より

 浅田真央選手が、トリノで行われたフィギアスケートの世界選手権で優勝しました。フリーの演技をテレビで見ましたが、オリンピックの時のような悲壮感がなく、非常に自信に満ち溢れた堂々とした演技だと思いました。BGMのラフマニノフの前奏曲『鐘』のオーケストラの主題が「重々しく」ではなく「堂々」としか聞えませんでした。

 今シーズンの浅田選手のフリープログラムで使われているラフマニノフの前奏曲『鐘』の原曲はオーケストラ曲ではなく、ピアノ独奏曲です。ラフマニノフは作曲にあたって、大小さまざまな鐘の音が重なり合って聞こえる様子をピアノで表現したと言われており、ピアノの原曲で演奏されてこそ、鐘のイメージを感じ取ることができます。

 ラフマニノフは生涯に24曲の前奏曲を作曲しました。24曲という数は、バッハ、ショパン、ショスタコーヴィッチたちの前奏曲と同じですが、彼らの前奏曲が24曲セットになって出版されているのに対して、ラフマニノフの場合はセットになって出版されていません。

rr.JPG


 この『鐘』前奏曲は『幻想的小品集』の中の1曲として書かれたもので、作曲者19歳の時の作品です。ラフマニノフは早熟型の作曲家で、20歳前後にリリシズムデモーニッシュさが共存した傑作をたくさん残しています。30代になると多忙な演奏活動のためか若い時の作品にあったこの魅力が影をひそめてきます。24曲の前奏曲の中で一番印象深いのが、生涯最初の前奏曲であるこの曲となっています。

 ちなみに、ラフマニノフには、前奏曲『鐘』とは別に、合唱交響曲『鐘』という作品があり、ラフマニノフの『鐘』というと、クラシックファンの間では、普通後者のことを指します。ラフマニノフの作品において、教会の鐘の音の響きは重要なファクターであり、この2曲以外にも鐘の音をイメージさせる曲はたくさんあります。例えば有名なピアノ協奏曲第2番の第1楽章冒頭のピアノの打鍵が次第に大きくなっていく部分を聴くと、誰もが鐘の音をイメージすると思います。


posted by やっちゃばの士 at 13:13| Comment(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。