2012年11月28日

イメージクラシック「晩秋」その3

マーラー 交響曲『大地の歌』より第2楽章「秋の寂しさ」

秋の霧が青らみ湖面を渡り、
霜がすべての草草を白く包み
あたかも匠(たくみ)の手が玉光のこまやかな粉を
美しく咲き誇る花の上に
まき散らしたかのようだ。

<中略>

私は一人孤独のうちに涙ぐみ、
心の奥にひそむこの秋は
果てしなく広がりわたる太陽よ!

 マーラー交響曲『大地の歌』の第2楽章「秋の寂しさ」は、冬が間近に迫った晩秋の夕べに、ほっと一息つきながら聴きたくなる音楽です。寂しさに満ちているけれども、どこかほっとさせてくれる音楽です。弦楽器の弱音は晩秋に吹く冷たい風を、寂しいオーボエは秋の野辺に佇む孤独な心を表しているように思います。

 この晩秋の寂しさは、最終楽章「告別」になると、より深刻に、まるで「死」を予感させるような重い響きになって再び登場します。ペシミズムに満ちたこの曲も、第9交響曲と同様、晩秋の季節にしか僕は聴きません。





ラベル:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晩秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イメージクラシック「晩秋」その2

マーラー 交響曲第9番ニ長調より第1楽章

甘みも苦味もすべて味わい尽くし
今はただ静寂だけが横たわる

 マーラー最後の完成された交響曲である交響曲第9番の第1楽章が持つ渋柿と甘柿合わせたような味を持つ樂想は、晩秋の枯れた情緒を醸し出しています。この枯れた情緒は、それまでのマーラーの交響曲にはなかったもので、僕はマーラーの交響曲の中で、この第9番だけは特別な位置にあるように思います。マーラーの作品では、悲劇的な重々しい音楽がしばしば登場しますが、それらはどれもが甘い耽美的な響きを持っていました。ただ、この第9番の第1楽章の悲劇には耽美的な響きがなく、とても残酷でシリアスな響きがあるように感じます。

 聴いていると苦しくなってくるこの曲を僕が聴こうと思うのが、晩秋の季節です。曲は展開部で、残酷な葛藤の頂点を迎えますが、やがて力尽きたかのように、静寂な響きに包まれていき、曲を終えます。この最後の静寂な部分が僕は好きで、その枯れた孤独な響きは、晩秋の静けさに共鳴しているように感じます。



ラベル:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晩秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

イメージクラシック「月」その7

ベートーヴェン ピアノソナタ第14番嬰ハ短調『月光』より第1楽章

スイスのルツェルン湖の月夜
さざ波に揺らぐ小舟のようである(R・レルシュターブ)

 先日娘の参加したピアノの発表会でベートーヴェン月光ソナタが弾かれていました。生徒さんが弾いているので、途中立ち止まりそうになるくらいゆっくりだったのですが、そのおかげで、僕はベートーヴェンは何を思いながら、このようなアダージョの第1楽章を書いたのだろうかと考えてしまいました。

 この『月光』というタイトルは、ベートーヴェン自身がつけたものでなく、この曲を聴いたドイツの詩人R・レルシュターブが述べた感想が由来になっていることは有名です。このタイトルがなかったなら、月光をイメージするだろうか、ベートーヴェンは全く別の物を想像しながらこの曲を書いたのだろうかと、いつも考えさせられます。そんなこともあって、僕はイメージクラシック「月」のカテゴリーにこの曲を入れることをためらってきました。

 小学校の時、月光ソナタとして、この曲を初めて聴きました。その時僕の頭には、月夜に照らされた夜の湖面が浮かんでいました。それ以来、月光のイメージとこのソナタは切り外すことができなくなってしまいました。それはともかく、このタイトルがずっと定着しているということは、この月光のイメージが的を得た表現であることを物語っています。



posted by やっちゃばの士 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

イメージクラシック「夕日」その4

モーツァルト 弦楽四重奏曲第18番イ長調より第3楽章

夕日の差し込む居間で
うつらうつらと夢の中
母が読み聞かせてくれた
果てしなく続く物語

 モーツァルト弦楽四重奏曲第18番の第3楽章のアンダンテでは、いつ果てることもない物語のように、暖炉の様な暖かい音楽が、次々と形を変えて現れては消えていきます。その暖かく回想的な叙情を持つ音楽を聴いていると、幼いころに物語を読んで聞かされた体験を思い出してきます。どこか「夕焼け小焼けの歌」に通じる情緒をこの音楽は持っているように感じます。

 この楽章は変奏曲形式で書かれており、とても長大で、おそらくハイドンセット全6曲の中で一番演奏時間が長い楽章です。変奏曲の持つ回想性とこの長大さが、果てしなく続く夢物語のように感じる原因となっていることは明らかでしょう。モーツァルトは変奏曲の大家で、『キラキラ星変奏曲』が良く知られていますが、その内容の充実ぶりでは、おそらくこの曲と、同じハイドンセットの弦楽四重奏曲第15番ニ短調の第4楽章が双璧ではないでしょうか。

DSCF2024.JPG





ラベル:モーツァルト
posted by やっちゃばの士 at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

イメージクラシック「森」その6

マーラー カンタータ『嘆きの歌』より第1部「森のメルヘン」

静けさが覆う暗い森
まるで息をひそめているようだ

 晩秋の森は静かです。蛙や虫の鳴き声は全く聞こえず、落ち葉を踏みしめる音がざくざくと聞こえるだけで、足を止めると不気味な静寂があたりを覆います。まるで森が息を凝らして、僕の行動を監視でもしているかのように感じます。

 マーラーカンタータ『嘆きの歌』は森を舞台にした物語に音楽をつけたもので、第1部の「森のメルヘン」の冒頭では森の静けさがホルンとクラリネットによって幻想的かつ牧歌的に表現されます。この牧歌的な音楽は、すぐに不気味な半音に始まる悲劇的なクレッシェンドに打ち消され、劇的に物語の幕が開きます。この開始の部分はとても鮮烈です。
 
 この物語はマーラー自身がグリム兄弟の民話の中の素材を集めて創作したもので、次のような内容です。

第1部「森のメルヘン」兄が王位に就くため弟を殺す
第2部「吟遊詩人」吟遊詩人がその骨を拾って笛を作る
第3部「婚礼の出来事」笛の調べが真相を語り、すべてが滅びていく

 マーラーがこの曲を作曲したのは20歳の時で、まさに彼のデビュー作でした。演奏時間70分を超える大作で、すでにオーケストレーションは完成されており、のちの交響曲などにでてくるフレーズなどが何度も登場します。まさに完成された天才を感じる音楽ですが、当時の音楽界にはまったく理解されず、彼は失意のうちに指揮活動の方に専念するようになるのでした。

DSCF2021.JPG





ラベル:マーラー
posted by やっちゃばの士 at 21:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。