2012年10月18日

イメージクラシック「旅」その4

ドヴォルザーク 交響曲第2番変ロ長調より第3楽章スケルツォ 

秋の大パノラマを大鷲に乗って舞う

 渓谷が美しい季節がやってきました。週末になると無性に山に出かけたくなって、気分もワクワクします。

 雄大な大パノラマを思いながら、聴きたくなる曲がドヴォルザーク交響曲第2番の第3楽章のスケルツォです。交響曲第2番はマイナーな曲であまり知られていませんが、ドヴォルザークらしい抒情に満ちた旋律が随所に見られ、特に暗い森を思わせる第2楽章と、雄大なパノラマを見下ろすような第3楽章は一度聴いたら忘れられない優れた楽想を持っています。

 第3楽章は、3部形式からなりますが、とても規模が大きく曲の長さが他の楽章と同じく12分余りあります。スケルツォ楽章でここまで大きいものはドヴォルザークの9曲の交響曲のうちこの曲を除いてはありません。中間部はとても雄大、雄渾な音楽で、美しい渓谷を見下ろしながら舞う大鷲のような気分にさせてくれます。

posted by やっちゃばの士 at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。