2012年07月27日

イメージクラシック「夕暮れ」その8

ワーグナー 歌劇『タンホイザー』より第3幕の導入曲

夕闇はちっとも後悔を覆いはしない

 夏の暑い夕暮れは、独特の静けさと孤独さを持っているように思います。遠くで花火が上がり、都心のにぎわいはますます増していこうというのに、僕の座っているベンチのある公園はなんと静かなことだろう。かすかな希望の灯がじりじりと燃えている。

 ワーグナータンホイザーの第3幕への導入曲は、夕暮れ時の静けさと孤独感に満ちた音楽です。罪を犯したタンホイザーはローマ法王の許しを得るためにローマに巡礼の旅に出ますが、エリーザベトは許しを得て帰ってくるタンホイザーを祈りながらずっと待っているといった情景です。罪が許される可能性が低いことが、音楽の孤独さと静けさに強く現れています。

タグ:ワーグナー
posted by やっちゃばの士 at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕暮れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

イメージクラシック「夕暮れ」その7

ドビュッシー 前奏曲第1巻より第4曲「音と香りは夕暮れの大気に漂う」

居眠りからの目覚め
いつの間にか闇と孤独が世界を覆う
物憂い夏の夕暮れ

 誰もいないキャンパス、ドイツ語学科の研究室で1人僕は課題に向かっていた。誰もいない夏休みの夕暮れの研究室。闇は迫るが、電気をつけることもなく、僕は取り残されたような孤独感と取り残されまいとする緊張感で、ドイツ語の原文をぎこちない日本語で訳したのだった。今も状況は違うが、夕暮れになると同じような思いになることがある。

 ドビュッシー前奏曲第1巻の第4曲「音と香りは夕暮れの大地に漂う」は、夏の夕暮れのもやっとしたけだるさを感じさせてくれる曲です。この標題は詩人ボードレールの詩集『悪の華』のなかにある詩「夕べの調べ」の一節で、曲の題名としてはとても長いと思うのですが、象徴主義的なこの一節をあえてタイトルとすることにドビュッシーのこだわりがあるように思います。

 
posted by やっちゃばの士 at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 夕暮れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

キーワードクラシック「決意」その2

ベートーヴェン 交響曲第2番ニ長調より第2楽章

暑い夏の午後
そこはかとない不安が
僕をとらえる

 7月にしてはさわやかな風がカーテンを揺らしながら吹きこんできます。平和な風鈴の音を聴きながら、ときおりこの平和はいつまで続くのだろうかという不安が襲ってきます。先月僕は会社を辞めて事業を始めましたが、サラリーマンの時と違って、ものすごいプレッシャーです。孤独の砂漠の中で、立ち止まったら死んでしまいます。前に向かって進むしかないのです。

 ベートーヴェン交響曲第2番の第2楽章の中間部の迫りくる運命の鼓動のような音の刻みが、何度も僕の頭の中で鳴ります。この楽章は本当に美しい平和な歌謡的な旋律で有名で、おそらくベートーヴェンの交響曲の緩徐楽章の中では一番美しいのではないかと思われます。それだけにこの何か心の奥底から響いてくる強い鼓動のような中間部は非常に印象強く心に残ります。中間部の終わり、打ち続ける短調の鼓動は、激しい葛藤を得て、劇的に長調に転調するのですが、この部分は作曲者の心が悩みに打ち勝って、前へ向かって生きていこうというなあにか決意のようなものを感じさせてくれ、僕はこの部分が大好きです。

 この交響曲第2番を作曲したころ、悪化してくる難聴に悩み、ベートーヴェンは有名なハイリゲンシュタッドの遺書を書きます。ハイリゲンシュタッドの遺書には、難聴の悩みと作曲家としての使命の葛藤が生々しく綴られています。第2楽章の中間部の音楽にはハイリゲンシュタッドの遺書に綴られた思いが表れているように僕は思います。

 これから暑い夏がやってきます。僕は今までの人生で、夏に進路の決断を断行してきました。そのたびに何とも言えぬ孤独感を味わってきました。ベートーヴェンの思いに自分の心を合わせながらこの時間を走りたいと思います。

IMGP1486.JPG

posted by やっちゃばの士 at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 決意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。