2012年02月06日

イメージクラシック「日の出」その7

ブラームス ピアノ協奏曲第2番変ロ長調より第1楽章

小春日和の穏やかな日の出

 今年は厳しく寒い日が多く、立春を過ぎてからも小春日和にはまだ遭遇していません。故郷の山の梅園ではもう梅の花が咲いているのだろうかなどと思ったりします。北西を山に囲まれた梅園は北風が通らず朝日を浴びる午前中は温かいのです。

 ブラームスピアノ協奏曲第2番の第1楽章の冒頭、穏やかなホルンに導かれてピアノが優しく続く部分は小春日和の日の出を思わせます。その後音楽は緊張感を高め、幻想的になっていきますが、また日の出のような勇壮な音楽になって朝を迎えます。とても円熟味がある聴きごたえのある音楽です。

 北ドイツ生まれのブラームスは、名声を得た壮年期イタリア旅行にしばしば出かけたようで、この曲にはイタリア旅行で感じた思いが反映されていると言われています。旅行は気分をリフレッシュさせてくれる効果がありますが、この曲はまさに作曲者自身がリフレッシュされているなということがひしひしと伝わってきます。

 僕は中学3年の冬のある晴れた日曜日に、この曲のレコードを買いに、初めて自転車で岡山市内まで出かけました。長い峠を越えて約1時間半近くかかった記憶があります。この時期はCDとレコードの両方の新譜が発売されていた時期で、この曲は僕が最後に買ったレコードになったのでした。


ラベル:ブラームス
posted by やっちゃばの士 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日の出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。